育毛剤の有効性は日本皮膚科学会が効果をランク分けしている

2019.03.22

1件

育毛剤が薄毛に効果があるのかどうか?という議論は昔から行われてきました。

私自身は、育毛剤は使ったほうが良いという立場なんですが、なかには育毛剤の有効性を疑問視している人も多いことでしょう。

しかし、このような議論に終止符を打つために、日本皮膚科学会が既に育毛剤の有効性について研究結果を発表していたのをご存知だったでしょうか?

以下が、日本皮膚科学会が発表した有効性の判断基準です。

・ランクA(行うよう強く勧められる)……フィナステリド、ミノキシジル
・ランクB(行うよう勧められる)……自毛植毛
・ランクC1(行うことを考慮しても良いが十分な根拠がない)……塩化カルプロニウム、t-フラバノン、アデノシン、サイトプリン、ペンタデカン、ケトコナゾール
・ランクC2(根拠がないので勧められない)……セファランチン
・ランクD(勧められない)……人工毛植毛

出典:男性型脱毛症診療ガイドライン(2010 年版)-日本皮膚科学会

ランクAが一番高く、下に行くに連れて推奨度が下がって、ランクDが一番低いという判断です。

このなかで、現在AGA治療にもっとも頻繁に用いられているフィナステリドとミノキシジルが最高ランクを獲得しています。

それについで2番目にいるのが自毛植毛です。サッカーイングランド代表のルーニー選手が受けたことでも有名ですね。ただし、この自毛植毛はかなり高額であるため、一般の人にとってはあまり現実味の無い治療法になります。

そして、その次に出てくるのがランクC1に位置しているさまざまな成分です。現在のところ、確かな根拠はないが、使った人のなかには効果を実感した人もいるため、使うことを考慮しても良いと日本皮膚科学会が判断しています。

根拠がないというのは、研究が進んでいないからという味方が強く、今後さらなる研究が進むに連れてこれら成分の有効性は示されることでしょう。

このC1に入っている成分こそが育毛剤で使われているものなんです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

アーカイブ